PR

(2001.2.15,TechWeb News

 オランダ警察はアンナ・クルニコワ・ウイルス(「AnnaKournikova.jpg.vbs」)の作者として逮捕した容疑者を釈放した。アンナ・クルニコワ・ウイルスは世界中でネットワークに障害を起こしたとして,今週はじめに報告された。米Microsoftの「Outlook」を踏み台に電子メールの添付ファイルを介して広がるウイルスである。

 ウイルスの作者は年齢20才で,オランダ/Sneekの北部の街に両親と住む男性である。この男性には,財産とコンピュータ・プログラム損害の罪の容疑がかけられた。最高で4年の禁固刑が課せられる罪である。

 しかし警察は「男性の犯罪行為は拘留に値するほど深刻なものではない」とし,また保釈金の請求も行わなかったという。

 男性は水曜日(2月14日)に自首したが,オランダのプライバシ法に従い氏名は明かされていない。警察はこの男性がウイルスによる被害拡大の可能性を認識していなかったと判断した。

Copyright(c) 2001 CMP Media Inc. All rights reserved.

[記事へ]

◎関連記事
女子テニス・プレーヤの名前騙るワーム「AnnaKournikova」にご注意
生かされない「LoveLetter」の教訓
1月のウイルス被害トップ10を発表,1位は「Navidad-B」
「コンピュータの約20%がウイルスに感染」と米McAfee.comの調査

 セキュリティに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「セキュリティ」で詳しくお読みいただけます。