PR

 カナダのNortel Networksが現地時間2月15日に,2001年第1四半期と通年の業績について事前の予想を下回るとの見通しを発表した。

 2001年の売上高は前年比15%増、1株当たり利益は同10%増にとどまる見込み。2001年第1四半期の売上高は63億ドルで,1株当たり4セントの損失になるとの見通しである。

 「米国経済の鈍化が予想より速く進み深刻な状態に陥っている。2001年における市場全体の成長率は約10%増にとどまるだろう。米国の顧客は,引き続き支出を抑える構えだ。米国市場の低迷は2001年第4四半期まで持ち越すだろう。欧州,アジア太平洋地域,中南米は成長を維持し,部分的に米国の不振を相殺すると見込んでいる」(Nortel社社長兼CEOのJohn Roth氏)。

 さらにNortel社は,「こうした現状を考慮し,利益性と効率性を向上するために」(Nortel社),主要事業を除く部門でさらに合理化を進めることを明らかにした。2000年12月31日の段階における総従業員数から約1万人を削減する。同社は2001年1月に4000人の人員削減計画を発表していたが,今回の発表でリストラ枠を拡大した。

◎関連記事
Nortelが約4000人のリストラ計画を明らかに
加Nortel Networks,2000年の売上は42%増。光ネットワーク関連では100億ドル超に
2000年第2四半期の光ネットワーク市場,加Nortelが首位
PCスランプ! 米デルが1700名の従業員削減,今後の成長予測を下方修正

【パソコン関連企業決算関連】>
米マイクロソフトの12月期決算,売り上げ,利益ともに1桁の伸びに
米アップルの12月期決算,純損失1億9500万ドルで3年ぶり赤字,売上高は57%減
AMDの2000年決算,売上高,利益ともに過去最高を記録,x86のシェアは17%に
Intelの2000年通年決算,売り上げが過去最高の337億ドル,14年連続で増加
米デルが決算,四半期は実質28%増収,16%増益,PCサーバーは好調
PCスランプ! 米デルが1700名の従業員削減,今後の成長予測を下方修正

【市場調査】
米国経済のITリセッション突入で,日米の力関係が逆転に向かう?
「大スランプ! Q4の米国PC市場は台数ベースで前年同期比0.3%増」と米IDC
「2000年PC世界市場は14.5%増,米国市場は10.3%増と減速」と米データクエスト
止まぬ不況風,シリコンバレーのネット企業は1月に2100人の人員削減
【TechWeb特約】脱PC化進める米国パソコン・ベンダー,行く手に壁
【アナリストの眼】米パソコン市場,消費者向けの伸びが鈍化し,企業向け市場も不安定に--「IT投資停止」を想定し,システム部門は危機管理体制を

[発表資料へ]