PR

 米Microsoftが米国時間2月19日に,大手無線事業者とのアライアンスを明らかにした。フランスのカンヌで2月20日から開催される展示会「3GSM(Global System forMobile communications)World Congress」を前に発表を行ったもの。

 このアライアンスに当初参加するのは,オーストラリアのTelstra,ドイツT-Mobil,イギリスのVodafone UK。2001年春に開始予定の無線ネットワークを使ったデータ・サービスのトライアルに参加する。

 具体的には,これら無線通信事業者が自社ネットワークを使ってMicrosoft社のデータ・サービスのトライアルを行う。サービスにはモバイル向けOutlook,企業データやWWWへの安全なアクセス,インスタント・メッセージング,メディア再生,デバイス管理などが含まれる。

 「我々は2.5G(第2.5世代)および3G(第3世代)無線通信へと移行しつつあるが,この提携関係によってこれらの無線環境に適したソフトウエアがもたらされる」(Telstra OnAirグループ・マネージング・ディレクタのDick Simpson氏)。

 なおMicrosoft社は同日,三菱電機,韓国のサムスン電子,英Sendoの3社と,開発中のスマートフォン向けソフトウエア「Stinger」(開発コード名)に関しライセンス契約を結んだことを明らかにしている。StingerはWIndows CE3.0をベースにしたOSである。

◎関連記事
<Mobile Explorer関連>
米マイクロソフト,携帯電話向けブラウザMobile Explorer 3.0評価版をリリース
ベールを脱ぐ,Microsoftが開発中の携帯無線機器向け製品
Microsoft,ソニーにMobile Explorerのライセンスを供与
QUALCOMMとMicrosoftが無線通信機器の開発・拡販で戦略提携
Microsoftが「Microsoft Mobile Explorer」を発表

<その他Microsoft社モバイル製品関連>
米MSが「Outlook Mobile Manager ベータ版」,モバイル機の情報をAI技術で自動選別
Microsoftがモバイル向けサーバー製品「Mobile Information 2001 Server」発表

<提携>
EricssonとMicrosoftがモバイル・インターネットの合弁を立ち上げ
米マイクロソフトと仏SAGEMがGSM/GPRS携帯電話機能付きのPocket PC機を発表
VodafoneとMicrosoftがモバイル向けイントラネット・サービスで提携
Microsoftとサムスン電子が携帯電話へのMobile Explorer搭載で提携
MicrosoftがBenefonにMicrosoft Mobile Explorerをライセンス供与

<市場>
「米AT&Tの発表がキッカケで米国の携帯電話でGSMが急成長」と米社が予測
「モバイル対応WWWサイトは使い勝手の面などで発展途上」と米社調査
「2002年末までに無線インターネット・アクセスが有線を超える」IDC調査
2004年,西欧のモバイル電子商取引市場は370億ドル規模に
2004年には出荷される携帯電話機の90%以上がインターネット・アクセス可能に。ABI予測
アジアのモバイル・インターネット,WAP対応が主流だが,iモードなどの競合方式もシェア拡大の可能性」---。Dataquestが調査

[発表資料へ]