PR

 米Microsoftと米eBayが電子商取引(EC)の技術とサービスに関して広範な提携関係に入った。両社が米国時間3月12日に明らかにしたもの。

 「買い手と売り手がインターネット上でさまざまなWWWサイトやアプリケーションを通してシームレスに対話できるようにする。インターネットにおける両社のプレゼンスを拡大し,消費者の電子商取引環境を高める」(両社)とする。

 具体的には次の三つの取り組みを2001年中にも始める予定である。

 すなわち,1)eBay社による.NET技術のサポート,2)eBay社の電子マーケットプレース(インターネット取引所)をMicrosoft社のWebサービスに導入,3)Microsoft社のWindows 2000 ServerやPassportといった技術をeBay社サービスに導入である。

 提携の中心となるのは上記の1番目の取り組みである。eBay社は現在,「eBay API」と呼ぶAPI(Application Program Interface)を介して同社の商取引エンジンをライセンス供与しているが,これをSOAPベースのWebサービスとして提供していく。

 .NETプラットフォームを用いて,世界中の開発者がeBay社の商取引エンジンにアクセスできるようにする。これによりWWWブラウザだけでなく,さまざまな機器やアプリケーションを使って消費者はサービスを受けられるようになる。

 Microsoft社はeBay社のXMLベースのWebサービスを各種のオンライン・サービスに取り入れる予定である。これが第2の取り組みである。eBay社のサービスを導入するサイトには,MSNの特定サイト,Carpoint,bCentral,WebTVなどが含まれる。これらサービスの統合は2001年中にも始める予定である。MSNが現在サービスを提供している世界33カ所の市場を対象にする。

 3)の取り組みは,eBay社が同社のすべてのフロントエンドWWWサーバにWindows 2000 Serverを導入するというもの。これらMicrosoft社の製品や技術により,XMLベースのWebサービスの導入と運用を手助けする。

 WWWシステムの技術・市場・産業関連の詳しい情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「WWWシステム」で詳しくご覧頂けます。

◎関連記事
eBayが仏iBazarを最大1億1200万ドルで買収,欧州の電子商取引事業を拡充
25セントの絵が13万ドルに:大型詐欺に揺れるオークション・サイト
XMLベースのプロトコル「SOAP」,アプリ・サーバーSilverStreamが採用へ
これだけは押さえたい.NETの基礎(第1回)
これだけは押さえたい.NETの基礎(第2回)
これだけは押さえたい.NETの基礎(第3回)
これだけは押さえたい.NETの基礎(第4回)
マイクロソフトが次世代戦略「.NET」を発表

[発表資料へ]