PR

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEI)と米Connectixが米国時間3月14日に,エミュレーション技術に関して提携を結んだことを明らかにした。

 「優れた技術を持つConnectix社と協力することで,エミュレーション技術における大幅な進歩を期待する」(SCEI研究開発部門上級副社長のShinichi Okamoto氏)。

 「SCEIとの提携により,我が社のエミュレーションや仮想マシン技術を新たな幅広いアプリケーションに応用することができる」(Connectix社社長のRoy McDonald氏)。

 今回の提携により,両社はConnectix社の「Connectix Virtual Game Station(CVGS)」に関するすべての係争で和解に至った。CVGSはWindowsマシンやMacintosh上でプレイステーションのゲーム・ソフトを走らせるソフトウエア。SCEIはCVGS技術に関するすべての資産を買収する。Connectix社は現行バージョンのCVGS(Windows版とMacintosh版)の提供を2001年6月30日で終了する。既存ユーザーへのサポートは引き続き行う。その後のプレイステーション・ゲーム向けエミュレーション開発は,両社提携のもとで進める。

◎関連記事
SCEと米IBM,東芝が次世代プロセサ“Cell”の開発で提携,性能は1000GFLOPS級
SCEIがネットワーク戦略を発表,「プレステ+iモード」など3件
SCEIがPS2を核にしたネット戦略を発表 HDD投入し認証・決済システムも容易

[発表資料へ]