PR

 米Intelが米国時間3月20日に,ストレージ・ソリューションを手掛けるドイツのICP vortex Computersysteme社を買収したことを明らかにした。買収金額などの詳細については明らかにしていない。

 Intel社はネットワーク・ストレージ市場向けの戦略を強化する。こうしたネットワーク・ストレージ製品には,Intel社のI/Oプロセサ(i960,IOP310など)が搭載されている。Intel社は,RAID参照デザインやソフトウエア,コントローラ・カードを統合してOEM先に提供している。

 「ICP vortex社買収により,コンピュータやストレージ製品のOEM先が求める幅広いニーズに応える」(Intel社I/Oおよびブリッジ事業部門ジェネラル・マネージャのWendy Vittori氏)。

 ICP vortex社はドイツのNeckarsulmに本社を置き,フェニックスに支社を所有している。買収後にIntel社の子会社となったが,自社のストレージ・ソリューションの販売と顧客サポートは引き続き行う。

◎関連記事
米インテル,次世代I/O「InfiniBand」対応LSIをサンプル出荷
IntelがInfiniBand対応LSIの概要を明らかに
IBM,InfiniBand向けLSIのロードマップを明らかに
次世代サーバI/O「InfiniBand」の第1版が今秋リリースへ
IntelとAncorが次世代サーバI/O「InfiniBand」で提携,スイッチを開発
次世代サーバI/O技術,ついに融合へ---新名称は「System I/O」<
【TechWeb特約】PCI SIG,「ワークステーションにはAGPよりもPCI-X」とSunやAppleに急接近
米コンパックがハード・ベンダー向けにPCI-X開発プラットフォームを提供

[発表資料へ]