PR

 米RSA Securityが米国時間3月22日に,有線・無線のWWWアクセスを簡易化するセキュリティ・ソフトウエア「RSA ACE/Agent」を発表した。ラスベガスで開催中の「CTIA WIRELESS 2001」で発表したもの。

 「ACE/Agent」は,RSA社のワンタイム・パスワードによる認証ソリューション「RSA SecurID」の一部として提供する。既設の有線ネットワーク向けのセキュリティ・レベルを保ちながら,無線用言語のWML(Wireless Markup Language)にも対応させた。企業の従業員をはじめ,提携企業,サプライヤ,顧客などが,「SecurID」を組み込んだWAP対応携帯電話や無線機器から容易にアクセスできるようにする。

 「ミッション・クリティカルなアプリケーションへのアクセスを簡易化,企業は生産性を高められる」(RSA社)。

 「SecurID」の認証システムには認証符号とPINを使う。「SecurID」を組み込んだWAP対応携帯電話機には,フィンランドNokiaの「Nokia 9210 Communicator」やスウェーデンEricssonの「R380s」などがある。

 「RSA ACE/Agent」は,現在ベータ版で,RSA社のWWWサイト(http://www.rsasecurity.com/download/)から無償でダウンロードできる。利用には,「RSA SecurID Authenticators」と「RSA/Server」(v3.3.1以降)が必要となる。OSやWWWサーバー別に,「ACE/Agent for Windows NT」,「ACE/Agent for Lotus Domino」,「ACE/Agent for Linux」,「ACE/Agents for Netscape and iPlanet Web Servers」,「ACE/Agent for Windows 2000」,「ACE/Agent for NMAS (Novell NDS)」の6種類のバージョンがある。RSA社は全てのバージョンの完成版を2001年末までにリリースする予定である。

◎関連記事
RSAセキュリティ,ワンタイム・パスワード製品の新版を出荷
「だ円暗号の普及はモバイル分野から」と米RSAの研究責任者が予測
フィンランドのNoika,携帯情報端末に米RSA Securityのディジタル認証ソフトを搭載
Nokia,企業向けVPNソリューションを強化。VPNゲートウエイと管理ソフトウエア
携帯電話を使ったシステムをセキュアに構築する方法
不正アクセス対策の需要が急増

[発表資料へ]