PR

 米Charles Schwabが米国時間3月22日に,人員削減を含むリストラ計画について明らかにした。

 全従業員の11~13%に相当する2750~3400人の従業員を削減する。まず,2001年第2四半期に2000~2300人の正社員と150~200人の契約社員を解雇する。さらに正社員を対象として,今年中に600~900人の自主退職者を募る。

 同社は,職場スペースの縮小やシステムの撤去についても検討しているという。

 Charles Schwabによると,リストラ計画により2001年第2四半期に7000万~1億ドルの経費を計上するが,2001年第3四半期以降に1四半期当たり4000~4500万ドルのコスト節減が見込めるという。

 また同社は,2001年第1四半期の業績に関する見通しを発表した。売上高は約12億ドルの見込み。買収経費などの一時的な費用を除いた純利益は8800万~9800万ドル(1株当たり利益は6~7セント)を見込む。

◎関連記事
<Charles Schwab関連>
米チャールズ・シュワブの1月,取引額/件数がともに前年比26%減
米Charles Schwabの2000年Q4決算は増収減益,新規口座は150万
SchwabとAOLが包括提携,投資関連サービスの世界展開で複数年契約

<業績下方修正/リストラ関連>
米コンパックが2001年Q1の業績見通しを下方修正,従業員5000名を削減
予想利益は確保したが,売上高は下方修正---ノキアのQ1決算
エリクソンがQ1決算を大幅下方修正,4~5億ドルの
損失計上へ

米モトローラが携帯電話機事業でさらに約7000人を削減,合計1万2000人に
米シスコが大規模リストラ,最大8000名の従業員を削減
加ノーテルが2001年の業績を下方修正,リストラ対象を約1万人に拡大
米モトローラが2001年Q1の業績を下方修正,営業損失発生の可能性も
米ルーセントが1万人削減など20億ドル規模の大リストラ,Q4は10億ドルの赤字
米3Comが約1200人の人員削減策を発表,従業員の13%

[発表資料へ]