無線インターネット・アプリケーション・ベンダーの米Outr.Netは米国時間3月29日,無線アプリケーション開発のプロセスに関するニューズレターを発行することを明らかにした。主に,無線キャリアやシステム・インテグレータ,企業ユーザーなどに向け,無償で提供する。ニューズレターのWWWサイトは,http://www.outr.net/news.htm

 ニューズレターでは,無線用アプリケーションの構築に関し,成功のカギや失敗に陥るパターンなどについての情報を提供する。無線ネットワークやアプリケーションの関係者に,構築のコストや複雑さなどについての理解を深めてもらい,失敗の罠を回避することを目的としている。

 「アプリケーション構築のコンセプトや戦略,計画,実行などについては通常開発者に裁量があるが,本来は開発者だけに限られるべきでない」(Outr.Net社社長兼CEOのKim Spitznagel氏)。

 ニューズレターの第1号として,「Top Ten Pitfalls of Wireless Application Development」(無線用アプリケーション開発で失敗に陥らないための10カ条)と題したレポートの提供を始めた。WWWサイトでも全文を公開している。以下のような10カ条を提示している。

(1)機器の選択:機器の選択は適切か不適切か
(2)ネットワークの選択:ネットワークの選択は適切か不適切か
(3)カスタマイズの必要性を理解しよう
(4)セキュリティに関するリスクを理解しよう
(5)分散しているアプリケーションを1つにまとめよう
(6)適切なタイミングを把握しよう
(7)取り組むべき課題を明確にしよう
(8)認定プロセスを理解しよう
(9)アプリケーションの適用範囲を拡大しよう
(10)新技術を常に把握しておこう

[発表資料へ]