PR

 ドイツSAP AGが企業向けポータル・ソフトを手がける米TopTier Softwareを買収することで両社が合意に達した。ドイツ時間3月30日に両社が明らかにしたもの。

 TopTier社は,企業向けのポータル構築ソフトや情報統合製品を手がける会社。SAP社とは1999年より提携関係にあり,すでにTopTier社の技術をSAP社の電子商取引向けプラットフォーム製品「mySAP.com」の「mySAP Workplace」に取り入れている。

 買収は現金で行われる。SAP社は4億ドルを支払いTopTier社の全発行済株式を取得する。買収完了後TopTier社はSAP社の100%子会社となる。買収完了は2001年の第2四半期を見込む。

 TopTier社は1996年設立の企業。本社をカリフォルニア州サンノゼに置く。年商は2000万ドル(2000年)。同社の製品には「Enterprise Unification Platform」「Enterprise Information Portal」がある。

 この買収に伴い,SAP社は研究開発費として一時的な費用を計上する予定。SAP社では,この額は5000万ドル以下になるとしており,これら一時的な費用を除けば2001会計年度決算の業績(1株当たり利益)に与える影響は最小限にとどまる,と説明している。

◎関連記事
業務に必要な情報を一括表示
米IBMが企業情報ポータル構築サービス「Corporate Portal Offering」を発表
米アンダーセンと米Yahoo!が企業情報ポータルで提携
米SASが企業情報ポータル分野に進出
ネット協業型ビジネスの支援ソフト「EIP」がCRMの次を襲う
米マイクロソフトと米Plumtreeが企業ポータル向けソリューションで提携
個人に必要な情報だけを届ける「EIP」社内の情報氾濫を一掃

[発表資料へ]