PR

 米Maxtor Corporationが米国時間4月2日に,米Quantum社のハード・ディスク装置部門Quantum HDD社の買収・合併手続きを完了したことを明らかにした。

 「HDDの年間出荷台数は5000万台以上。Maxtor社はこの合併により世界最大規模のHDD企業となった」(Maxtor社)。両社の2000年の売上高合計額はおよそ60億ドルである。

 Maxtor社は2000年10月に,Quantum HDDを買収・合併することで両社が最終合意したことを明らかにしている。買収金額は約23億ドル。合併後の社名は引き続き「Maxtor Corporation」とする。

 合併後の新会社は,今後1年半から2年のあいだにリソースの統合や重複投資の見直し,年間1億2000万ドル~2億ドルのコスト削減を図る。なおQuantum社と松下寿電子工業との関係は維持する。

 Maxtor社は4月30日に2001年第1四半期の決算と第2四半期の事業見通しについて発表する予定である。

◎関連記事
「HDDのクラッシュの損害は1件当たり1万5000ドル」,米社の調査
米IBMがノート・パソコン向け48GバイトのHDDなどを発表,静粛さを打ち出す
米IBMが回転数1万5000rpmのHDDを発表,容量は36.7Gバイト
HDD業界は2年連続のマイナス成長から復活へ
米MaxtorがWin 2000ベースのNASファイル・サーバーを出荷,MSとの提携も発表
MaxtorがQuantumのハード・ディスク部門を約23億ドルで買収
脱パソコン”進めるHDDベンダー,米クアンタムが家電メーカーに秋波
米クアンタムのHDD部門が業績下方修正,部品不足が響く

[発表資料へ]