PR

 米RSA Securityが米国時間4月9日に,松下通信工業にSSL対応の暗号ソフト「RSA BSAFE SSL」をライセンス供与することで,両社が契約を結んだことを明らかにした。

 松下通信工業は,iモード対応携帯電話機に「BSAFE SSL」を組み込む。サンフランシスコで開催中のRSA社の「RSA Conference」にて発表したもの。

◎関連記事
米RSAが米ベリサインに無線端末向け暗号技術をライセンス供与へ
RSAが暗号ソフト「BSAFE Crypto-C」の新版,「性能を最大500%向上」
RSA,Compaqからモバイル機器向け暗号技術「MultiPrime」をライセンス
「だ円暗号の普及はモバイル分野から」と米RSAの研究責任者が予測
米RSA Security,セキュリティ・ソフトをEdgeMatrix社にライセンス供与,モバイル端末向けマイクロブラウザWAPmanに組み込む
フィンランドのNoika,携帯情報端末に米RSA Securityのディジタル認証ソフトを搭載
RSAとPricewaterhouseCoopersが電子商取引向け公開鍵技術の拡販で提携
<VeriSign社のセキュリティ・サービス関連>
米VeriSignがmコマース向けの開発支援プログラムを発表
VeriSignが認証サービス部門「Authentication Service Bureau」を開設

<市場>
「無線ECで重視すべきはセキュリティと管理」,米AMRの調査
「インターネットの利用に不安はあるが,対策はおろそか」--RSAセキュリティが調査

[発表資料へ]