PR

 米E*TRADE Groupが米国時間4月10日に,2001年1月~3月期の決算を発表した。売上高は3億3000万ドルで前年同期の4億1700万ドルと比べて21%の減収。しかし,純利益は86万8000ドルとなり,前年同期の純損失67万2000ドルから黒字に転換した。なお,これらの数字には営業権の償却費用や合併関連の経費,投資などは含まない。

 当期は16万6112の新規口座数を獲得した。合計口座数は370万を超え,前年同期の260万口座から41%増加した。

 また同氏は,「今後半年~1年間は,効果的で拡張性のあるビジネス・モデルの構築に投資を続ける。同時に,コスト削減に向けた対策も積極的に検討する」と述べた。

◎関連記事
<E*TRADE社>
E*TRADEのネット銀行「E*TRADE Bank」の消費者預金高が1年で117%増の60億ドル超に
米E*トレードがオンライン住宅金融サービスの米LoansDirectを買収
E*TRADEの7月~9月は76%増収で黒字に転換,アカウント数は330万で2倍に
<オンライン証券業界>
「証券会社は,モバイル向け情報提供サービスに注力せよ」と米IDC
米チャールズ・シュワブが2750~3400人の人員削減計画を発表
米チャールズ・シュワブの1月,取引額/件数がともに前年比26%減
米Charles Schwabの2000年Q4決算は増収減益,新規口座は150万
SchwabとAOLが包括提携,投資関連サービスの世界展開で複数年契約

[発表資料へ]