米MicrosoftのMSNが米国時間4月11日に,インターネット接続サービス「MSN Internet Access」のユーザー数が500万人を超えたと発表した。

 Microsoft社は来週,米国でMSN Explorerのアップデート版をリリースする予定である。MSN Explorerは2000年10月に米国でリリースして以来,600万人以上のユーザーが利用しているという。

 アップデート版MSN Explorerの主な新機能は以下の通り。

・MSN Internet Accessにアップグレードする「MSN Hotmail」ユーザーは,従来の電子メール名をMSN Internet AccessのIDとして使える。

・スクリーンの邪魔にならないように「My Stuff」バーを折りたたむことが可能。

・電子メール・メッセージの入力時に自動でスペル・チェックを行う。スペルミスがある単語を自動的にハイライト表示し,正しい単語の候補を提示する。

◎関連記事
「MSN Explorer」の提供でMSNサービス利用者が急増,と米マイクロソフト
Microsoftがアクセシビリティ高めた「MSN Explorer」プレビュー第2版を配布
Microsoftが「MSN Explorer」プレビュー第2版を発表

[発表資料へ]