PR

 米Handspringが米国時間4月12日に,2001年1月~3月期の決算を発表した。売上高は1億2380万ドルで,前年同期と比べて261%増収。前期からは7%増加した。

 「『Visor Platinum』『同Prism』『同Edge』といった新製品の需要が高かった。米国での小売店や再販市場の拡大をはじめ,イタリア,オーストラリア,ニュージーランドでの販売開始が当期の好調な業績につながった」(Handspring社)としている。

 買収経費や研究開発費用などを除いた場合の純損失は670万ドル。米Bluelark Systemsの買収にかかった費用1220万ドルなどの経費を含めると,純損失は2720万ドルとなる。

 当期の粗利率は31.8%で,前期の31.4%から0.4ポイント上昇した。

◎関連記事
米パームと米ハンドスプリングが「Palm OS」のライセンス契約を2009年まで延長
米ハンドスプリング,厚さ11mmの薄型PDA「Visor Edge」発表,価格は399ドル
米ハンドスプリング,PalmOSベースのブラウザ・ベンダーを1600万ドルで買収
<競合社>
米パームが人員削減や本社建設延期などのリストラ策,PDAは累計1300万台に
米パームがPalm OS 4.0搭載の「m505」を発表,カラー液晶で拡張スロット装備
米パームが199ドルの「Palm m105」発表,RAMは8Mバイトでm100の4倍
<PDA市場>
「女性の携帯電話所有率は76%で男性を上回る,PDAは男性」,米企業の調査
「2001年世界のノートPC台数は2940万台,PDA1300万台」英ARCが予測

[発表資料へ]