音楽コンテンツ配信を手掛ける米RioPort.comが米国時間4月18日に,携帯音楽プレーヤーや携帯電話機などパソコン以外の機器にデジタル音楽を直接配信する新サービス「Direct-to-Device(d2d)Service」を発表した。

 提携するレコード会社が所有する楽曲のオンライン配信やプロモーションを行う。コンテンツ配信では著作権保護やセキュリティに配慮する。著作権管理機能を備えた携帯音楽プレーヤーや携帯電話機が配信の対象となる。

 RioPort.com社はトライアル・サービスとして,A&M Records社,Dreamworks Records社,Priority Records社,Moonshine Music社などと提携し,プロモーション用の楽曲の配信サービスを始める。

 RioPort.com社は,「d2d Service」を自社のデジタル音楽配信サービス「PulseOne Media Service」の一部として組み込み,民生機器やインターネット端末のベンダー企業に提供する。

 レコード会社は,新曲のプロモーションとしてプレビュー版を配信したり,シングルやアルバムのフルバージョンの提供ができるほか,特別価格や複数のシングル/アルバムのセット販売などといったプロモーションも行える。ユーザーをリピーターとするための戦略として,他のオンライン事業者との提携プログラムも用意する。

 なおRioPort.com社は4月4日(米国時間)に,人気TV音楽チャンネル米MTV Networksのオンライン事業部門MTVi Group社と有料の音楽配信サービスに関し提携したことを発表している。米BMG Entertainment,英EMI Group,米Sony Music Entertainment,米Universal Music Group,米Warner Music Groupとも提携しており,各社から楽曲の提供を受ける。「レコード会社大手5社すべてと提携した音楽配信サービスは我々が初めて」(MTVi社とRioPort.com社)。これらはRioPort.com社の「PulseOne Media Service」を使って配信する。

 RioPort.com社はカリフォルニア州サンノゼに拠点を置き,音楽向けASP事業を手掛ける。米Microsoft,三菱商事,米EMC,米Quantumなどが出資している。2000年8月に日本法人リオポート ドット コムも設立している。

◎関連記事
<音楽配信サービス関連>
どこまで本気? レコード業界のインターネット配信
米ヤフー,ソニー・ミュージックなど4社がオンライン音楽サービスで提携
米AOL,独Bertelsmann,英EMI,米RealNetworksがデジタル音楽配信で新会社
米マイクロソフトが無料音楽配信サービス「MSN Music」のベータ版を発表
米MTViと米RioPortが有料の音楽ダウンロード・サービス,大手5社の楽曲を対象
MP3.comがオンライン音楽サービスを再開,年会費50ドルの有料サービスも

<調査>
制御できないコンテンツ流通,2005年に音楽/書籍産業の損害額は46億ドルに
「無料音楽配信サービスにはいずれ規制の網」,英社がユーザ意識調査
「ネット介したファイル交換サービス,利用者の28%は違法と認識」と米調査
「ピア・ツー・ピア型ファイル交換のビジネスモデルは不滅」と米ガートナー
ナップスター・ユーザーの行動パターン,慣れるほどCD購入は減る傾向に
「Napsterの学内利用禁止を掲げる大学は全体の34%」,Gartner調べ
30%のパソコン・ユーザーがNapsterを利用---米調査会社のデータ

[発表資料へ]