PR

 米Napsterが,音声データの波形で音楽コンテンツを識別する技術を持つ米Relatableとライセンス契約を結んだ。Napster社が米国時間4月20日に明らかにしたもの。

 Napster社によればRelatable社は「TRM」と呼ぶ,“音声データの声紋(acoustic fingerprinting)”技術の開発を1週間前に完了したという。TRMはデータの波形により,その音響属性を分析する技術。データのファイル形式やビットレートにかかわらず,また多少の符号歪があっても識別が可能という。

 Napster社はこの技術をファイル遮蔽システムや新しい会員サービスに取り入れていく。そのために「今後,両社の技術者が協力してTRMを改良・最適化する」(Napster社)。

 「Napster社のシステムを介して交換される数百万という音楽ファイルを正確に監視できるようになる。これにより,アーティストや音楽出版会社,レコード会社に適切に使用料を配分できる」(Relatable社CEOのPat Breslin氏)。

 Napster社の音楽コンテンツ無料交換サービスを巡っては,2000年6月に米レコード協会(RIAA:Recording Industry Association of America)などがサービスの停止を求めて提訴していた。この裁判で北カリフォルニア連邦地裁が2001年3月6日にNapster社に対する仮処分命令を下し,Napster社は制限付きながら営業が可能となった。この制限とは,Napster社が著作権侵害にあたるファイルについての情報を得た場合,3営業日以内に該当楽曲の索引を削除しなければならないというもの。

 しかしこれには技術的な問題が残されていた。Napster社のファイル交換システムでは,スペルミスや文字列順序の違いを考慮したあいまい検索が可能である。つまりユーザーは表記に多少の違いがある楽曲であればダウンロードできてしまう。Napster社は現在,これら膨大な数の“変種”ファイルをいかに遮断するかという問題を抱えている。

 また米メディアなどが,Napster社のフィルター機能はまだうまく機能していないと報道(InfoWorld)するなど,同社のフィルター・システムに対する懸念の声が高まっていた。

 なおNapster社は米国時間3月13日に米Gracenote(旧名:CDDB)との提携を発表している。このとき,Gracenote社の文字列照合技術を使ってNapster社のファイル遮蔽システムを強化するという取り組みを明らかにしていた。

◎関連記事
<ファイル交換サービス関連>
■米AOL,独Bertelsmann,英EMI,米RealNetworksがデジタル音楽配信で新会社
■「ピア・ツー・ピア型ファイル交換のビジネスモデルは不滅」と米ガートナー
■米IBMが音楽配信システムEMMSを拡張,ピア・ツー・ピア型にも著作権管理の網
■制御できないコンテンツ流通,2005年に音楽/書籍産業の損害額は46億ドルに
■Visiosonicが“Napster型”の新たな無償音楽配信システムを発表
■「ネット介したファイル交換サービス,利用者の28%は違法と認識」と米調査
■「無料音楽配信サービスにはいずれ規制の網」,英社がユーザ意識調査

<Napster関連>
【TechWeb特約】事業化に向け新段階に入った音楽配信,ナップスター公聴会から
米ナップスターは制限付きで営業可能に,地裁が仮処分命令下す
米ナップスターが妥協策を発表,無料のファイル交換サービスを中止へ
米ナップスターが楽曲フィルタ・システムを強化,CDデータベース企業と提携
Napster裁判の“歴史的”意義を考える,21世紀の技術開発に一石
米ナップスターが“解決策”,著作権管理の仕組みをファイルに組み込み
【TechWeb特約】連邦控訴裁が「Napsterは著作権侵害を助長」と判断
30%のパソコン・ユーザーがNapsterを利用---米調査会社のデータ
ナップスター・ユーザーの行動パターン,慣れるほどCD購入は減る傾向に
Napsterが連邦高裁に控訴,ユーザにCD購入を呼びかけるキャンペーン開始
どこへ行くNapster,せき止められぬファイル交換ソフトに勢い
レコード協会と米音楽出版協会が,差し止めを求めNapsterを提訴
<ストリーミング音楽関連>
「広帯域ユーザーは広帯域接続向けメディア・アプリケーションを大いに利用」と米Excite@Home
ストリーミング・メディア配信サーバー市場は2005年に約14億ドル規模に
「米国のストリーミング・メディア視聴が65%増の3500万人に」と米ニールセン
サン,シスコ,アップルなど,ストリーミング標準化で業界団体「ISMA」設立
EMIが有料ストリーミング・サービスのベンチャーに音楽コンテンツをライセンス
BMGがデジタル音楽配信サービス計画,IBM,Microsoft,Liquidなどと提携

[発表資料へ]