PR

 米IBMが米国時間4月23日に,AIX OSの最新版となる「AIX 5L」について,機能の詳細などを明らかにした。「AIX 5L」はLinuxとの互換性を高めており,LinuxアプリケーションがそのままAIX上で動く。

 IBM社のPOWERプロセサおよび米IntelのItaniumプロセサで動作する。UNIXおよびLinuxのアプリケーション構築や管理に向けた環境を提供する。Linuxアプリケーションは,簡単なリコンパイルだけでAIXで動かせるという。

 AIX 5Lは,自動管理ツール,32ビット・アプリケーションと64ビット・アプリケーションの同時実行環境などを提供する。「Workload Manager(WLM)」機能によって,外部アプリケーションからシステム構成を変更するAPIを提供する。システム管理の効率や柔軟性を高める。

 また自動管理ツールとして,IBM社のスーパーコンピュータ・システム「SP」の自動管理機能としても用いられている「Reliable Scalable Cluster Technology(RSCT)」を追加した。システムのリソースやイベントの監視および制御を行う。

 AIX 5Lは米IBM,米Intel,米SCOが中心となって発足した企業向けUNIX開発プロジェクト「Project Monterey」で開発したOSをベースにする。AIX 5LにはBull社などの主要OEMが協力している。

 「AIX 5L」の機能の概要は以下の通り。

・Linuxとの親和性向上

・拡張性の向上
 JFS2 File Systemは最大4P(ペタ)バイトの大容量ファイルに対応できる。Java2対応で,Javaベースのアプリケーションに向けたインタフェースを提供する。AIX 5Lは最大32プロセサ構成,主記憶256Gバイトのシステムに対応できる。

・電子商取引機能
 「Virtual IP Addressing」により,ネットワークの接続が切断されてもアプリケーションは動作を停止せずそのまま利用可能。IPマルチパス・ルーティングにより,ネットワークの信頼性を高めた。

・システム管理
 自動システム監視機能やアカウンティング・ツールにより,リソースの利用状況に関するデータの収集を行う。コスト管理やリソース制御をサポートする。

・セキュリティ
 米マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発した認証システム「Kerberos V5 Authentication」を組み込み,パスワードによる認証システムを簡易化した。

・マルチプラットフォーム対応
 POWERプロセサ・ベースのシステムのほか,Itaniumプロセサで動作する64ビット・カーネルを搭載。

 IBM社は「AIX 5L Version 5.1」の出荷を5月4日から始める予定である。開発ツール「AIX Toolbox for Linux Applications」は,WWWサイトで無償提供している。

 また米Caldera Systemsと米Santa Cruz Operation(SCO)が同日,Itaniumプロセサ・ベースのシステムに向けた「AIX 5L version 5.1」の技術プレビュー版をリリースしたことを明らかにした。プレビュー版は無償でライセンス供与する。なお,Caldera社はSCO社のServer Software部門とProfessional Services部門を2000年8月に買収している

◎関連記事
<AIX関連>
SunやHPに対する技術的優位は揺るがない---IBMのUNIXサーバー事業責任者
IBMがAIXサーバーで動くLinuxアプリ開発のためのツールキットを発表
日立,MFとUNIXの新機種を4月19日に発表--IBMとの細部の交渉はなお難航
仏ブルがNEC製IA-64サーバーにIBMのUNIXを搭載
BullがUNIXをItaniumベースの16ウエイ・サーバで動作可能に
「2005年にサーバー市場でのItaniumのシェアが42%に」と米Aberdeen

<IBM社のLinux事業関連>
【TechWeb特約】米IBMがLinux普及に向けパートナー支援策,従業員に一人あたり最高3000ドル
米IBMがLinux戦略を明らかに,Linuxに3億ドルを追加投資へ
米IBMがLinuxに10億ドルの「賭け」
米インテル,米IBM,NECなど設立のLinuxラボがオープン,富士通,日立も参加
IBMサーバーの長期計画が判明,Linuxを核に,全機種を“統合”へ
米IBMとShellがLinux搭載のスーパーコン開発へ,サーバー機を1024台接続
米IBMがLinux対応のスイート製品を発表,小企業向けで価格は499ドル
米ターボリナックスと米IBMがLinuxソリューションで提携関係を拡大

<Linux市場>
2001年のLinux市場は前年並み154%成長,課題はサポートと保守層への浸透
【TechWeb特約】米マイクロソフトのバルマー氏,「米IBMが10億ドルを投じようと,Linuxに覇権はありえない」
【TechWeb特約】「最大のライバルはLinux」,米マイクロソフトのバルマー社長兼CEO
「Linuxの次のターゲットは大規模サーバー」と米インテル副社長
2000年のサーバー市場は前年比7%増,米IBMが首位堅持,Linuxが132%増の躍進
本流に向かうLinux,主力IT企業がLinuxWorldで強力支援を表明

<SCO社関連>
CalderaがSCOのServer Software部門とProfessional Services部門を買収

[IBM社の発表資料]
[Caldera社の発表資料]