PR

 オランダのRoyal Philips Electronics傘下のPhilips Digital Networks社と米Digimarcが米国時間4月23日に,Philips社がDigimarc社から電子透かし技術のライセンス供与を受けることで両社が契約を結んだことを明らかにした。

 ラスベガスで開催中の放送事業の展示会「National Association of Broadcasters」で両社が発表したもの。

 Philips社は放送監視システム「WaterCast」に電子透かし技術を組み込む。ビデオへの電子透かしのすり込みや検出といった機能を備えた監視ソリューションを提供する。

 地上放送やCATV放送,衛星放送で,ビデオ信号に識別データを組み込み,番組や広告のデータが基準を満たしているか,放送事業主の許可を得ているかなどについてチェックする。視聴者は感知できないごくわずかなデータを加える。

 両社は同技術のマーケティングおよびプロモーションでも協力体制を敷く。

 なお両社は1998年から提携関係にあり,Philips社はDigimarc社の株式を12%取得している。両社と,米Macrovisionを合わせた3社は,電子透かし技術を応用したオーディオ/ビデオ向け著作権管理技術を手掛けるMillennium Group社(http://www.millenniumgroup.com/)を共同で立ち上げた(詳細は「PhilipsとDigimarcが電子透かしの技術開発で新会社」)。またMacrovision社はDigimarcと1997年から提携関係にあり,Digimarc社の株式12.5%を取得済みである。

◎関連記事
PhilipsとDigimarcが電子透かしの技術開発で新会社
米デジマークがWindows向けの電子透かしデータ読み取りソフトを無償配布
米Digimarcがグラフィック・デザイナ団体と連携,電子透かしを印刷物に刷り込む
Digimarc,電子透かし技術をXML対応に
Digimarcが音楽/画像向け電子透かし技術で特許を取得,Veranceを再提訴
DigimarcとWorkstation.comがインターネット・ベースの電子透かしサービス
Digimarc,雑誌広告とWWWを連動させる電子透かしソフトを無償配布

[Philips社の発表資料]
[Digimarc社の発表資料]