PR

 米ChildSoftは米国時間4月25日,子どもがソフトウエアやWWWブラウザへアクセスすること制限する「Children's Desktop and Browser」を発表した。

 ChildSoft社の「Safe Desktop Technology」と呼ぶ技術をベースにしたこの製品は,Windowsのデスクトップの代わりに「Children's Desktop」を表示する。子どもは,親が設定したプログラムだけにアクセスできる。子どもが重要なデータを破壊してしまったり,プログラムが正常に動作しなくなってしまうなどといったトラブルを避ける。

 「Children's Browser」は,子どもがアクセスするWWWサイトに制限を加えるもの。アクセス可能なWWWサイトのリストがあらかじめ設定されており,WWWリストを加減するなど親が調節できる機能を備える。

 「好奇心旺盛な子どもがコンピュータに触れることで,ソフトウエアやハードウエアにダメージを与えてしまうことも少なくない。Children's Desktop and Browserにより,コンピュータを保護するとともに,子どもを有害サイトから守ることができる」(ChildSoft社)。

 ChildSoft社は10日間試用できるトライアル版をWWWサイト(http://www.childrensdesktop.com/download_page.htm)で無償提供している。

◎関連記事
米マイクロソフトがIE6に搭載するプライバシ保護機能の詳細を発表
米Microsoftが「子どもを有害サイトなどから守る」教育用ツールを発表
子どもを有害サイトから守れ! McAfee.comがフィルタリング・サービス
小,中,高の子供を持つ家庭では宿題や学業にインターネットを活用
「学習ツールとしてのインターネットの評価」調査結果と学校向けサービスの新機能,AOLが発表
子どもと家族のプライバシを保護するため,学校に要求すべき“8箇条”
「子供の75%は景品と引き換えなら家族の個人情報提供をいとわない」と米調査
「インターネットに対するユーザーの信頼度は高まっている」米企業の調査から

[発表資料へ]