PR

 米VA Linux Systemsが米国時間4月27日に,2001年2月~4月期の業績に関して事前の予測を下回るとの見通しを発表した。売上高は1800万ドル~2000万ドルで,一時的な費用を除いた1株当たり損失は39セント~41セントとなる見込み。

 同社は以前,当期の売上高を3000万ドル未満と予測していた。

 「コンサルティング・サービスや『Open Source Development Network』への需要回復の兆しが見えるものの,顧客のIT購入意欲の低下が引き続きシステムの売上高に影響を与えている」(VA Linux社CEOのLarry Augustin氏)。

◎関連記事
<最近のIT関連主要企業決算>
Microsoftの2001年1~3月期決算,純利益24億5000万ドル,売り上げ56億6000万ドルで14%増
Sunが2001年1月~3月期決算を発表,33%増収だが43%減益
米IBMの2001年Q1決算,売上高が210億ドルで9%増,純利益も15%増
米コンパックQ1決算,純利益7800万ドルで前年同期の2億9600万ドルから大幅減
米アップル3月期決算,黒字転換,PowerBookの売上高が前期比306%増
米HPが減収減益へ大幅下方修正,管理職3000人を削減へ
米インテルが大幅減収減益,前年同期比で純利益は実質64%減,売上高も16%減
米シスコが今四半期決算で警告,売上高が前期に比べ30%減の見通し
米モトローラの2001年Q1決算,継続事業ベースで赤字に転落,11%減収
加ノーテルが2001年の業績を下方修正,リストラ対象を約1万人に拡大
米Handspringの2001年1月~3月期決算,前年同期比261%増収だが670万ドルの赤字
米Analog Devicesが2001年2~4月期の業績見通しを下方修正,OEMへの出荷が大幅減
米モトローラが「深刻な資金難」のうわさを強く否定
米ルーセントが破産法適用申請のうわさを強く否定
米Rambusの2001年1~3月期決算,売上高は前期に比べて10%減

[発表資料へ]
[VA Linux社プレスリリース・サイトへ]