PR

 米VeriSignが米国時間4月26日に,2001年第1四半期の決算を発表した。売上高は2億1340万ドルで,前年同期の3410万ドルと比べて526%と大幅な増収となった。一時的な費用を除いた純利益は4860万ドル(希薄化後の1株当たり利益は23セント)。前年同期の220万ドル(同2セント)から,これまた大きく伸びた。

 Enterprise and Service Provider Division部門が好調だった。同部門はPKI(公開鍵)サービス,ネットワーク・セキュリティ・コンサルティング,企業ドメイン名管理,世界規模のアフィリエート・プログラム,世界中のドメイン名登録を手がけている。

 当期におけるPKIサービスの新規顧客数は200社以上で,米Ernst & Young,Comerica社,原子力規制委員会,Depository Trust Companyなどが含まれる。現在約2000社にのぼる企業,政府機関,ヘルスケア機関などがVeriSign社のPKIサービスを利用しているという。

 アフィリエート・プログラム「VeriSign Trust Network」の参加者は,アジアのサービス・プロバイダ2社が新たにに加わり,合計37社となった。前年同期は23社だった。

 当期の新規ドメイン名登録件数は310万件。「.com」「.net」「.org」の累計ドメイン名登録件数は3060万件に達し,前年同期の1390万件と比べて120%増加,前期からは9%増えた。

 Mass Market Division部門の「NSI Registrar」が当期に扱ったドメイン名は約220万件。NSI Registrarは現在,650万社のドメイン名約1550万件を管理している。前年同期と比べて57%の増加である。

◎関連記事
米RSAが米ベリサインに無線端末向け暗号技術をライセンス供与へ
米ベリサインと米First Data,米サーバーキャッシュの資産を2040万ドルで落札
米VeriSignとのドメイン名登録の契約修正をICANNの役員会が承認
米ベリサインが「.org」「.net」の登録管理権放棄へ,「.com」は死守
米ベリサイン,「Multilingual Domain Name Testbed」の対応言語を大幅拡充
米VeriSignがmコマース向けの開発支援プログラムを発表
VeriSignが認証サービス部門「Authentication Service Bureau」を開設

発表資料へ