PR

 ドイツのInfineon Technologiesがドイツ時間4月30日に,光ネットワーク向けICベンダーの米Catamaran Communicationsを買収することで両社が最終的な合意に達したことを明らかにした。買収金額は2億5000万ドル。株式交換で支払う。

 Catamaran社は1999年11月設立。シリコンバレーに拠点を置くベンチャー企業。従業員は50人強。OC-768(40Gビット/秒)やOC-192(10Gビット/秒)の超高速光伝送技術SDH/SONET(synchronous digital hierarchy/synchronous optical networking)をはじめ,ATM(asynchronous transfer mode)やTDM(time division multiplexing),Packet over SONET(PoS),Ethernet,VLSIなどの技術を手掛ける。

 「Cataraman社を買収することで,次世代光ネットワーク・システムのトータル・ソリューションを提供できる」(Infineon社)。Infineon社はCatamaran社を傘下の子会社とする。

 「当社の光ファイバ,高速通信ソリューションとCatamaran社のSDH/SONET技術,10GビットのEthernet技術を組み合わせ,大きなシナジー効果を生み出す。40Gビット/秒の高速ネットワーク・カード製品の投入で先行し,市場で優位に立つ」(Infineon社社長兼CEOのUlrich Schumacher氏)。

 調査会社米Cahners In-Statは2000年10月に,「SDHおよびSONET市場が急拡大し,2004年には前者は312億6000万ドル,後者は118億9000万ドル規模に達する。とりわけ,45Mビット/秒の光伝送システム市場が2002年にかけて大きく成長する」との予測を発表している。

 またハイテク市場調査の米Dell'Oro Groupの調査では,「大都市DWDM,長距離DWDM,SONET/SDH多重化装置を含む世界の光ファイバ通信システム市場は,今後5年間で2倍強に拡大し,2005年には573億ドル規模に達する」という。

 なお最近では,米Intelが光ネットワーク機器向け半導体製品の開発を手がける米国企業3社を買収するを米国時間4月24日に明らかにしている

◎関連記事
米インテルが10 Gigabit Ethernetと光通信に布石,光部品企業を一挙に3社買収
SONET/SDH市場は依然として堅調---。米Cahners In-Stat社が調査
米RHK社がアジア太平洋地域における光通信ネットワークへの投資額を予測。2000年の35億ドルから2004年には172億ドルへと約5倍に
「世界の光ファイバ通信システム市場,2005年には現在の2倍以上の573億ドルに」---。米Dell'Oro Groupの調査
「次世代光ネットワーク機器の世界市場は2005年に400億ドル」と米調査から
2000年第2四半期の光ネットワーク市場,加Nortelが首位
WAN機器向け半導体デバイスの需要が好調,Lucent TechnologiesとPMC-Sierraがリード
Lucentが10Gpsの光ネットワーク・システム向けICを発表
NECと日立が光ファイバを使う次世代通信機器を共同開発,将来は販売や製造でも提携へ

[発表資料へ]