米TechTrendsが米国時間5月8日に,テレビ視聴者のインタラクティブTV(ITV)に対する興味などについて調査した結果を発表した。11種類のITVサービス(WWWブラウジングと電子メール,ビデオ・オンデマンド,ショッピング,ビデオ・ゲーム,パーソナル化したTVチャネル,生放送のタイムシフト視聴,バンキングと投資,食料品の注文,デジタル写真や製品情報/クーポンのプリントなど)について,大手TVネットワーク21社の視聴者を対象にアンケートを実施したもの。

 アニメーション専門局Nickelodeonを頻繁に利用する視聴者はITVへの関心が最も高く,11種類のITVサービスのうち5種類に興味を示した。次に高い関心を示したのはLifetime TVの視聴者で11種類のうち3種類だった。また,Nickelodeonの視聴者は他のネットワークの視聴者と比べてテレビを見ながらパソコンでインターネットに接続する割合が非常に高い。

 その他の主な調査結果は以下の通り。

・Nickelodeonの視聴者が最も興味を示したサービスはビデオ・オンデマンドだった。ビデオ・オンデマンドはすべての視聴者のあいだで人気が高い。

・インターネット接続速度が最も速いのはESPNをたびたび視聴するユーザである。

・広帯域インターネット接続は,CNNを頻繁に視聴する人々のあいだで最も普及している。

・テレビを利用したバンキングや投資サービスは,CNNを頻繁に視聴するユーザに最も人気が高かった。

・パーソナル化したTVチャネルに最も高い興味を示したのはTNTを頻繁に利用する視聴者。

・テレビを使ったインターネット接続サービスは,USA Networkを頻繁に視聴する人々が最も興味を示した。しかし,同サービスに月額利用料18ドルを支払ってもかまわないとする回答者は,TBS視聴者の方が多かった。

◎関連記事
米mPhaseが電話線使ったデジタルTV送信技術,「画質はMPEG-2並み」
「米国の消費者はインタラクティブTVサービスへの切替えに積極的」と米調査
「米国ITV市場は年平均83%で拡大,2005年に約4600万世帯が導入」と米調査
「ブロードバンド,デジタルTVに注力するCATV事業者」と米In-Stat
「デジタルTV新規加入者の65%は衛星利用,ケーブル利用は31%」---。Strategy Analyticsの調査
「関心が高いITVサービスは“VOD”と“インターネットTV”」と米調査
VoIPやディジタルSTBを念頭に,CATVネットの規模拡大を急ぐアットホーム
「デジタルTVの主要市場はアジア太平洋地域」,米アンダーセンの調査

 CATV,衛星インターネット,移動・無線通信,など高速インターネット・アクセスに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「高速インターネット」で詳しくお読みいただけます。

[発表資料へ]