PR

 米Sun Microsystems,Sun-Netscape Allianceの一部門であるiPlanet E-Commerce Solutions,米i2 Technologiesが米国時間5月9日に,CRM(Customer Relationship Management)ソリューションの開発と導入支援で提携関係に入ったことを明らかにした。

 3社は設計,販売,サポート,マーケティングで協力体制を敷く。i2社のCRMソリューションとiPlanet社のe-businessソリューションをSun社のプラットフォーム上で相互操作可能にするためのソリューションを開発する。Sun社の包括的Webサービス戦略「Sun Open Net Environment (Sun ONE)」の中核に位置づけ,今年末にも利用可能にする。

 Sun ONEはWebサービスの開発,構築,導入を支援するもの。「企業には生産性の向上,開発者には市場投入までの時間短縮とビジネス・チャンス,消費者には豊富な活用手法といった恩恵をもたらすための“インテリジェントな”Webサービスを提供する」(Sun社)としている。

 i2社のCRMソリューションは,顧客と対面する業務の企画や実行のためのアプリケーション・スイート。iPlanet社のe-businessソリューションには電子請求書発行および決済向けソフトウエア「iPlanet SellerXpert」「iPlanet BillerXpert」などがある。

 Sun社とi2社の営業社員で構成する担当グループが製品とサービスのサポートを行う。Sun社の「iForce Ready Center」やi2社の「Center of Excellence (COE)」をはじめ,Application Service Provider (ASP),サービス・プロバイダ,インターネット・インテグレータ,システム・インテグレータが参加する「iForce Partner Network」のリソースを利用する。

 また米PricewaterhouseCoopersが推奨インテグレータとして協力する。

◎関連記事
米サンが.NET対抗のWebサービス「Sun ONE」,技術やソリューションを明らかに
ピア・ツー・ピア技術,米サンの“Jxta”は未完の大器? それとも・・・
米サンがピア・ツー・ピアの検索技術を手がける米InfraSearchを買収
21世紀のシステム体系が登場 「Webサービス」を動的に利用
Webサービス実現への動きが加速

 ERP,SFA,CRM,HRM,SCMなど企業情報システムに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「CRM&ERP」で詳しくお読みいただけます。

 ASPの技術,製品,市場の動向に関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「ASP」で詳しくお読みいただけます。

[発表資料へ]