PR

 フランスのAlcatelと同社子会社であるGenesys Telecommunications Laboratoriesが米国時間10月11日に,米IBMの「CallPath」事業の資産を買収する予定だと発表した。金額などの詳細については明らかにしていない。

 CallPathはコンタクト・センター向けコンピュータ・テレフォニ・ソフトウエアで,音声とデータ通信を統合するもの。コンタクト・センターに顧客の電話が入った際に,顧客の基本情報を顧客サービス担当者のディスプレイに表示する。

 CallPath事業はノースカロライナ州Research Triangle Parkに拠点を置いている。54人の従業員はGenesys社が雇用する。Genesys社はノースカロライナ地域での事業を拡充し,IBM社との協力体制強化に向けてResearch Triangle Parkに開発施設を置く意向である。

 CallPathの顧客約400社に向けたサポートはGenesys社が継続する。既存の契約に基づいたサービスに関しては,IBM社が窓口を務める。Genesys社とIBM社は協力してCallPath製品のサービスとサポートを行う。

 また,Genesys社とIBM社はコンタクト・センター向けソリューションで協力することを同日明らかにしている。共同ソリューションは,Genesys社の「Universal Queue Routing」「Internet Contact Center」「Outbound Solutions」とIBM社の「DirectTalk」「WebSphere Voice Server」「WebSphere Application Server」で構成する。なお,IBM社のIBM Global Services(IGS)部門とGenesys社は2000年8月に提携を結んでおり,今回の発表により両社の関係を強化するとしている。

◎関連記事
仏アルカテルがADSLモデムとネット端末のセキュリティ・ホールを確認
仏アルカテルと米シーベルがコンタクト・センター向けソリューションで提携
「日本のCTIはこれから本格化。世界で最も成長率の高い市場になる」---米Genesys CEOに聞く
米GenesysとBroadVision,コンタクトセンターとWebサイトを統合したCRMソリューションを発表
IPテレフォニは今後爆発的に成長,2005年には200億ドル市場に---。Atlantic-ACM社が調査
「2005年には長距離/国際通話の47%がIPテレフォニ」---。米IDCの調査

[発表資料へ]