PR

 米Dell Computerと米EDSが米国時間5月14日に,米国市場における製品やサービスのマーケティングに関し,協力体制を敷くことを明らかにした。

 「顧客向けに製品およびサービスの“ワン・ストップ・ショッピング”を提供する。この提携により,今後5年関で5億ドル規模の販売増が見込める」(両社)。

 Dell社は,クライアント機にEDS社のサービスを組み合わせて販売する。EDS社はサービスやソリューションの提供で,Dell社のサーバー製品「PowerEdge」などDell社のWWWホスティング製品/サービスや管理サービスなどの利用を拡大する。

 また両社は中小企業に対し,Dell社のノート・パソコン「Latitude」やデスクトップ機「OptiPlex」,ワークステーション「Precision」などを使ったパッケージ化した管理サービスなども提供する。

◎関連記事
米EDSが米国企業4社と相次ぎ提携,契約規模は合計で20億ドル超 
米サイベースと米EDSが大企業向けe-businessソリューションで提携
米EDSとSabreが数十億ドル規模の提携, 旅行業界向けのビジネス・モデルを共同開発
米デルが火付け役でパソコン安売り競争が米国で再燃
PCスランプ! 米デルが1700名の従業員削減,今後の成長予測を下方修正
「Q1世界サーバー市場は17.6%増,米国で価格攻勢の米デルが首位」と米データクエスト
「IAとWindowsでハイエンド・サーバーに注力」,米DellのDell会長が語る

[発表資料へ]