米3大TVネットワークの一つであるNBCと米Digital:Convergenceが米国時間5月21日に,TVとパソコンを接続するネットワーク技術「:CueTV」を発表した。TV番組に組み込んだオーディオ・トーン「cue」の信号をパソコンに送り,放映中のTV番組と関連するWWWサイトを自動表示する技術である。

 「TVをパソコンのリモコンとして用いる仕組み」(Digital:Convergence社)。ちなみに:CueTV技術を使っている場合は,TV画面の隅に「:c」アイコンが表示される。

 5月24日より家電小売チェーンの米RadioShackの店頭で,消費者向けに「:CueTVキット」を無償で配布する。:CueTVキットはソフトウエアとケーブルから成る。

 「これまでTVを観ることとパソコンを使うことは別々だった。:CueTVにより両者を一体化させる。視聴者をひきつけ,顧客満足度を高めることもできる」(NBC Agency社PresidentのJohn Miller氏)。

 Digital:Convergence社はインターネットのナビゲーション・サービスを手がける企業。NBC社は:CueTVのプロモーションとして,6月13日から7月11日にかけて視聴者に懸賞のかかったクイズを実施する。米General Motorsのクルマや米Compaq Computerのパソコン,米RCAのTVやDVDプレーヤーなど,総額40万ドル以上の賞品を提供する。

 NBC社は:CueTV技術をニュース番組にも拡大する。放送中のニュースに関連する詳細情報などが載ったWebページをパソコンで自動的に開くようにする。2001年夏から:CueTV技術に対応した番組の放送を始める予定である。

◎関連記事
「米国の消費者はインタラクティブTVサービスへの切替えに積極的」と米調査
「米国ITV市場は年平均83%で拡大,2005年に約4600万世帯が導入」と米調査
「ブロードバンド,デジタルTVに注力するCATV事業者」と米In-Stat
「デジタルTV新規加入者の65%は衛星利用,ケーブル利用は31%」---。Strategy Analyticsの調査
「関心が高いITVサービスは“VOD”と“インターネットTV”」と米調査
VoIPやディジタルSTBを念頭に,CATVネットの規模拡大を急ぐアットホーム

[発表資料へ]