PR

 米Network Associatesの子会社McAfeeと米Microsoftが米国時間5月22日に,McAfee.com社のオンライン・サービスにMicrosoft社の.NET技術を取り入れることで提携関係に入ったことを明らかにした。

 第1弾として,McAfee.com社はMicrosoft社の認証技術「Microsoft Passport」を組み込んだ新たなセキュリティ・サービスをまもなく始める。さらに,Microsoft社が.NET戦略の中核として開発中のWebサービス群「HailStorm(開発コード名)」が利用可能になると同時に,これに対応する。

 HailStormサービスは,ユーザーが利用するアプリケーションや機器,サービスをひとつに結び,“パーソナル・ネットワーク”を構築する。スケジュール帳やアドレス帳,文書などの個人情報へのアクセス機能も含む。パソコンのほか,携帯情報端末や携帯電話などの機器も接続する。

 「HailStormに対応したセキュリティ・サービスで,ユーザーのワークステーションやその他のインターネット対応機器に,セキュリティに関する通知やウイルス警告を自動的に配信する」(両社)。

 両社は協力してMcAfee.com社のオンライン・サービスに.NET技術やサーバ製品系列「.NET Enterprise Servers」を組み込む。また,共同マーケティングやプロモーション活動も行う。さらに,将来のHailStormサービスの展開についても協力体制を敷く。

◎関連記事
米マイクロソフト,.NET戦略の中核担うWebサービス群「HailStorm」を初披露
Microsoftが基本Webサービス群「HailStorm」を発表,.NET環境のプラットフォーム制覇を狙う
「.NET戦略の中核サービス“第2弾"を開発中」,Ballmer氏が明らかに 米マイクロソフトのBallmer氏,.NETにおける“スマート・デバイス”を語る
米マイクロソフトと米イーベイがWebサービスで提携,.NETの拡充図る

 セキュリティに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「セキュリティ」で詳しくお読みいただけます。

[www.microsoft.comに掲載の発表資料]
[www.mcafee.comに掲載の発表資料]