PR

 米RSA Securityの研究センターであるRSA Laboratoriesが米国時間5月23日に,暗号解読コンテスト「RSA Factoring Challenge」を実施すると発表した。このコンテストはRSA社が「セキュリティ技術の強化を図る」として1991年から実施しているもの。

 今回のコンテストでは,RSA社が出題する数値を生成するための二つの素数(鍵)を突き止めることを競う。出題は鍵長576ビット~2048ビットまで8種類,賞金は鍵長によって異なり,1万ドルから最高20万ドルまで。出題の数値をWebサイトで公開している。

「RSA Factoring Challengeは世界中から参加者が集まり,解読を競い合う最大規模の暗号コンテスト。RSA社の公開鍵ユーザーは,コンテストへの参加を通し,高度なセキュリティ・システムにおける適切な鍵長について,理解を深めることができる」(RSA社)。

RSA社はコンテストの申し込みや概要などの詳細情報をWebサイト(http://www.rsasecurity.com/)で提供している。

◎関連記事
<PSA社PKI関連>
RSAが公開鍵暗号アルゴリズムをパブリック・ドメインに
米RSA Security,PKI対応セキュリティ・ソフトウエアの新バージョンを発表
米RSA,WWWアクセスを簡易化するWML対応のセキュリティ・ソフトのベータ版を無償提供開始
「だ円暗号の普及はモバイル分野から」と米RSAの研究責任者が予測
米RSAが米Xcertを6750万ドルで買収,PKI市場でのシェア拡大を狙う
米RSAがPKI向け「Keon VPN Client」を発表

<市場>
「PKI市場は年率61%で成長し,2004年には30億ドル規模へ」,米IDC調べ
「セキュリティ管理サービス市場は2005年に17億ドル,5年で12倍」と米ヤンキー
「世界セキュリティ・ソフト市場で三つの“A”が急成長」と米IDC
「無線ECで重視すべきはセキュリティと管理」,米AMRの調査

[発表資料へ]