米Yankee Groupが米国時間5月23日に,「受注管理ソリューション市場が急速に拡大している。現在の市場規模は世界で7億5400万ドル規模にのぼる」との調査結果を発表した。

 「2000年における通信サービス・プロバイダ(CSP)市場は米国だけでも3000億ドルを突破した。受注管理は,CSP企業のサービス実行・処理で中核を担っているため,市場は著しい伸びをみせている。課金システム・ベンダーやCRMベンダー,ソリューション・ベンダーが次々と参入し,しのぎを削っている」(Yankee社アナリストのSharon Ballard氏)。

◎関連記事
「サプライチェーン管理時代を勝ち抜く」サプライヤ企業のeビジネス戦略

[発表資料へ]