PR

 米Visa U.S.A.と米Sprintが米国時間5月23日に,mコマース向け決済システムに関し,提携関係に入ったことを明らかにした。両社はSprint PCS社の無線ネットワークを介したオンライン・ショッピングの決済システムやセキュリティに関し協力体制を敷く。

 利便性および安全性に優れたトランザクション・サービスを提供することで,消費者によるmコマースの利用を促す。Sprint社の携帯電話サービス,Visa社のトランザクション・サービスの収入増につなげる。

 両社は共同で,Sprint社の小売店およびオンライン・ショップ「sprintpcs.com」,Visa社のWebサイト「visa.com」におけるプロモーションを展開する。Sprint社はVisa社が米国に抱える3億4400万人の顧客に対し,自社の製品やサービスのPRを行う。

 Sprint社は顧客向けにVisaカードで月ごとの電話料金を支払うオプション・サービスをすでに提供している。「ユーザーにとって利便性が高く,顧客満足度を高められる。当社にとっても支払いの受け取りを期日通りに実行できることや,利用増に伴う売り上げ増にもつなげやすいというメリットがある」(Sprint社)。

 Visa社は電子商取引における決済システムで高度なセキュリティを確保するためのプログラム「Visa Secure Commerce Program」を行っている。パスワードを使った認証サービス「Visa Payer Authentication Service」などを提供している。

◎関連記事
<mコマース市場調査>
「mコマース市場は2006年に2300億ドル規模に成長」---。Strategy Analyticsの調査
mコマースの世界市場,2003年には76億ドル規模に

<mコマース関連>
HP傘下のVeriFoneがmコマース向け決済システムを発表,Palmと提携
米VeriSignがmコマース向けの開発支援プログラム
米RSAが米ベリサインに無線端末向け暗号技術をライセンス供与へ
「無線ECで重視すべきはセキュリティと管理」,米AMRの調査
CAがモバイルe-businessの取り組みでMotorolaやNokiaなどと提携
米アンダーセン,「オンライン年末商戦は堅調だ! mコマースが来年の目玉」

<Visa社関連>
Visaがオンライン決済の認証/監視システムの強化を発表
Yahoo!がVisaと提携拡大,Visaをデフォルトの支払いカードに

<Sprint社関連>
米Sprint PCS,第3世代携帯電話サービスの提供を2001年末から開始へ
「米国の携帯電話サービス,顧客満足度はまずまずだが・・・」と米調査
米長距離電話会社の顧客満足度,首位は米スプリント
米スプリントが2001年の海外戦略を発表,欧州・アジア15都市に高速IP網
AOLとSprintが無線サービス「AOL Mobile」で提携

[発表資料へ]