PR

 米IBMが米国時間5月24日に,Linuxアプリケーションの開発者向けにメインフレーム「zSeries」およびストレージ・サブシステム「Shark」へのアクセスを開放すると発表した。開発者向けプログラム「Linux Community Development System」を開設,登録をすれば誰でも自由にインターネットを介してメインフレームにアクセスし,Linuxツールを使うことができる。

 「Linuxアプリケーションの開発者がエンタープライズ・アプリケーションの構築で,分散サーバーを一台のzSeriesサーバー・システムに移行できるよう支援する。メインフレームへのアクセスは容易でないため,同プログラムにより開発者やオープンソース・コミュニティにアクセスを提供し,開発を促す」(IBM社)。

 zSeriesは,1台のサーバーをパーティションで区切ることで仮想的に数千台のサーバーとして扱える機能を備える。

 IBM社のWebサイトでプログラムへの参加を受け付けている。ユーザーは独SuSEか米TurboLinuxのディストリビューションを選択する。アクセス期間は30日,60日,90日のいずれかとなる。

◎関連記事
「zSeriesは最強のLinuxマシン」,IBMのエンタープライズ・サーバー責任者が宣言
「ライバルはサンやHPのUNIX機」,米IBMのメインフレーム責任者が語る
IBMサーバーの長期計画が判明,Linuxを核に,全機種を“統合”へ
【TechWeb特約】米マイクロソフトのバルマー氏,「米IBMが10億ドルを投じようと,Linuxに覇権はありえない」

[発表資料へ]