PR

 電子メールの暗号化などに用いられる技術OpenPGPの業界団体「OpenPGP Alliance」(http://www.openpgp.org)が誕生した。公開鍵方式の暗号化プログラム「PGP(Pretty Good Privacy)」の開発者として知られるPhil Zimmermann氏主導で立ち上げたもの。

 OpenPGP Allianceが米国時間5月29日に明らかにした。OpenPGPに準拠したソフトウエアの相互運用性を促進する。創設メンバーはZimmermann氏の所属するアイルランドHush Communicationsや米Qualcomm,フィンランドSSH Communications Securityなど合計11社である。

 OpenPGP Allianceの目的は,「OpenPGPを用いた各社の電子メール・システムの相互運用性を確保するとともに,OpenPGPを電子メール・アプリケーション以外の分野にも広げる」(OpenPGP Alliance)こと。個人情報保護技術の恩恵を広めるという。このためOpenPGP Allianceは,相互運用性試験を監督するほか,教育やマーケティングの機会もメンバー企業に提供する。

 PGPは,電子メールなどネットワーク上のデータのプライバシを守る公開鍵方式の暗号化プログラムである。OpenPGPはPGPをベースとする,電子メール暗号技術の標準規格。インターネット技術の標準化団体であるIETF(Internet Engineering Task Force)が標準化している(RFC2440)。最初のリリースから数えほぼ10年の歴史をもつ。

 なおOpenPGP Alliancには,Phil Zimmermann氏が以前所属していた米Network Associatesは参加していない。OpenPGP Allianceでは,OpenPGPをベースとした製品やサービスの開発に興味の企業,団体,個人にも門戸を開くとしている。

 OpenPGP Allianceのこのほかのメンバー企業には以下がある。Biodata,Gnu Privacy Guard,Laissez Faire City,LokTek,Tovaris,Veridis,ZendIt,Zero-Knowledge。

 セキュリティに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「セキュリティ」で詳しくお読みいただけます。

◎関連記事
米マイクロソフトがIE6に搭載するプライバシ保護機能の詳細を発表
米Network Associates,ワイヤレス広帯域インターネット分野に向けた戦略を発表
米PGP Security,PDAおよび携帯電話機向けに無線セキュリティ・ソリューションを発表
腕自慢来たれ! 米RSAが暗号解読コンテスト,賞金は最高20万ドル 
「PKI市場は年率61%で成長し,2004年には30億ドル規模へ」,米IDC調べ 
業界人は,オンライン・プライバシの業界自主規制を信頼していない

[発表資料へ]