PR

 米Caldera Internationalが米国時間5月31日に,日本で子会社を立ち上げたことを明らかにした。名称は「カルデラ株式会社」(本社:東京都目黒区)。地方事務所を配置し,地域向けのLinuxおよびUNIXビジネス・ソリューションを日本市場に提供する。富士通と日立製作所が出資した。

 「日本における我が社の顧客に優秀なLinuxソリューションを提供できるようになると期待している」(富士通,Linux Divisionジェネラル・マネージャのAkira Ozora氏)

 「カルデラ株式会社では,地域向けにカスタマイズしたLinuxおよびUNIXソリューションを提供する。富士通と日立の投資は,我が社の能力に対する信頼の
証である。我が社はどこよりも日本企業市場のニーズに応えることができる」(Caldera社CEOのRansom Love氏)

 カルデラ株式会社は,Makoto Asoh氏が代表取締役兼カントリー・マネージャとして指揮をとる。同氏はCaldera社が買収した日本SCO株式会社との事業に従事した人物である。

◎関連記事
CalderaがSCOのServer Software部門とProfessional Services部門を買収
<Linux市場>
2001年のLinux市場は前年並み154%成長,課題はサポートと保守層への浸透
【TechWeb特約】米マイクロソフトのバルマー氏,「米IBMが10億ドルを投じようと,Linuxに覇権はありえない」

【TechWeb特約】「最大のライバルはLinux」,米マイクロソフトのバルマー社長兼CEO
「Linuxの次のターゲットは大規模サーバー」と米インテル副社長
2000年のサーバー市場は前年比7%増,米IBMが首位堅持,Linuxが132%増の躍進
本流に向かうLinux,主力IT企業がLinuxWorldで強力支援を表明

 Linuxに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「Linux」で詳しく
お読みいただけます。

[発表資料へ]