PR

 米Computer Associates International(CA)が米国時間5月31日に,ウイルス情報のデマに関して警告を発した。「『SULFNBK.EXE』というウイルスが6月1日に発病し,ハード・ディスク装置に格納しているすべてのファイルを削除してしまう」,とする虚偽の情報が流れている。

 実際には,SULFNBK.EXEはWindowsの基本的システム・ユーティリティである。

 偽情報は電子メール・メッセージで送られてくる。「SULFNBK.EXEはウイルスなので削除するように」,という内容のもの。さらに真実味を増すために,アンチウイルス・ベンダのWWWサイトの情報だと偽っている。この電子メール・メッセージはすでに複数の言語で回覧されているという。

 「こうしたデマは本物のウイルスと同じくらい危険である。不必要なパニックを招き,コンピュータ・ユーザは自らシステムにダメージを与える可能性がある。今回の偽情報にだまされて,すでにファイルを完全に削除してしまったユーザもいる」(CA社セキュリティ・ソリューション部門ビジネス・マネージャのIan Hameroff氏)。

◎関連記事
英Sophosが4月のウイルス被害状況,チェルノブイリ・ウイルスがまたも
英Sophosが3月のウイルス被害状況を報告,“お馴染み"のウイルスが依然上位に
Sophosが2月のウイルス被害トップ10を発表,1位は「Anna Kournikovaワーム」
生かされない「LoveLetter」の教訓
「コンピュータの約20%がウイルスに感染」と米McAfee.comの調査

 セキュリティに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「セキュリティ」で詳しくお読みいただけます。

[発表資料へ]