PR

 大手レコード会社が,インターネットを介してダウンロードした音楽コンテンツのCDへの複製を認める方向を打ち出した。米Roxio(元の米アダプテックのデジタル・メディア事業部門)と英EMI Recorded Musicが,CDへの音楽コンテンツ複製に関して戦略的提携を結んだもの。

 許可を受けた消費者がRoxio社のソフトウエアを使って,EMI社の音楽をCDに記録できるようにする。なお,EMI社はRoxio社に出資したことも明らかにした。

 Roxio社は同社の技術と複数の配信チャネルを提供する。両社は協力して,著作権のあるコンテンツの違法複製を防止する技術を開発する。

 「我々の目的は,消費者が合法的に音楽をダウンロードしてCDに記録できるようにし,コンテンツの著作権所有者や制作者が公正に報酬を受け取れるようにすること」(Roxio社社長兼CEOのChris Gorog氏)。

 業界アナリストによると,2004年にはメディアの25%がインターネットを介して配信されるようになるという。2001年末時点における生CDの出荷枚数は50億枚,CD記録装置の設置台数は1億台にのぼるとみる。

 Roxio社はオーディオ,ビデオ,写真,データを作成し,CDに記録して管理するためのデジタル・メディア・ソフトウエアを手がけている。同社の製品にはCD書き込みソフトウエア「Easy CD Creator for Windows」や「Toast for the Macintosh」などがある。

◎関連記事
<EMI社関連>
米AOL,独Bertelsmann,英EMI,米RealNetworksがデジタル音楽配信で新会社
EMIが有料ストリーミング・サービスのベンチャーに音楽コンテンツをライセンス
BMGがデジタル音楽配信サービス計画,IBM,Microsoft,Liquidなどと提携

<Roxio社関連>
米アダプテックがデジタル・メディア事業のRoxioを分離

<市場>
「広帯域ユーザーは広帯域接続向けメディア・アプリケーションを大いに利用」と米Excite@Home
ストリーミング・メディア配信サーバー市場は2005年に約14億ドル規模に
「米国のストリーミング・メディア視聴が65%増の3500万人に」と米ニールセン

[発表資料へ]