PR

 米Caldera Internationalは米国時間6月7日に,米Intel社の64ビット・マイクロプロセサ「Itanium」に対応したLinuxサーバー・プラットフォーム「OpenLinux Server 64」のプレビュー版を発表した。WWWサイトから入手することができる。一般向けリリースは2001年第3四半期の終わりを予定している。

 OpenLinux Server 64はWWWサーバー,ファイルおよびプリント・サーバーなどに向ける。「質の高いネットワーク・インフラを提供し,企業のLinux環境を向上する。次世代SHV(Standard High Volume)サーバーに向けたプラットフォームである」(Caldera社)としている。

 また,AIX OSの最新版「AIX 5L」と組み合わせた利用も想定する。AIX 5LはLinuxとの親和性を高めており,Itaniumに対応している。

 なお,Itaniumの動作周波数は800MHzと733MHzの2種類。2Mバイト~4Mバイトの3次キャッシュを装備する。Enhanced Machine Check Architectureと呼ぶエラー検出/修正アーキテクチャを採る。Error-Correcting Code(ECC)機能,ログ管理機能,パリティ・チェック機能などを備える。

◎関連記事
<Caldera社関連>
Calderaが日本に子会社を設立,富士通と日立が出資
<Itanium関連>
米インテルがItanium搭載機の出荷時期を正式発表,6月にサーバーやWS
<AIX関連>
米IBMがAIXを64ビットJava対応に,「SolarisやHP-UXに先んずる」
米IBMがLinuxとの親和性高めた「AIX 5L」を発表,米SCOがプレビュー版
<Linux市場>
2001年のLinux市場は前年並み154%成長,課題はサポートと保守層への浸透
「Linuxの次のターゲットは大規模サーバー」と米インテル副社長
本流に向かうLinux,主力IT企業がLinuxWorldで強力支援を表明

 Windows 2000の技術・製品・市場に関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「Windows 2000」で詳しくお読みいただけます。

[発表資料へ]