PR

 メッセージング・サービス・プロバイダの米EasyLinkが米国時間6月7日に,5月度のウイルス検出結果を発表した。同社のウイルス対策機能「MailWatch」が検出したもの。

 ウイルスの検出件数は9万3161件で,4月の4万5781件に比べ,2倍以上に急増した。「Homepage」ウイルスが猛威を振るったことが主な要因で,同ウイルスは3万5000件以上が検出された。全体の約40%を占める。

 検出件数によるウイルスのトップ10は以下の通り。

  1. VBS/SST.gen@MM (別名 「Homepage」)
  2. W32/Hybris.gen@MM
  3. W32/Magistr@MM
  4. W32/BadTrans@MM
  5. VBS/LoveLetter@MM
  6. W95/MTX@M
  7. W32/Navidad.e@M
  8. VBS/VBSWG.gen@MM
  9. VBS/LoveLetter.worm
  10. JS/Kak@M

 なお,この調査はEasyLink社の傘下にあったMail.com社が毎月実施しているもの。EasyLink社がMail.com社を吸収し,2001年4月に名称を変更した。

◎関連記事
英Sophosが5月のウイルス被害状況,“Homepage”がワースト1
6月1日発病とする“デマ”のウイルス情報,CAが警告
アンチウイルス・ベンダーがワーム「Homepage」で警告,危険度は「中」以上
英Sophosが4月のウイルス被害状況,チェルノブイリ・ウイルスがまたも
英Sophosが3月のウイルス被害状況を報告,“お馴染み”のウイルスが依然上位に
Sophosが2月のウイルス被害トップ10を発表,1位は「Anna Kournikovaワーム」
生かされない「LoveLetter」の教訓
女子テニス・プレーヤの名前騙るワーム「AnnaKournikova」にご注意
1月のウイルス被害トップ10を発表,1位は「Navidad-B」
「コンピュータの約20%がウイルスに感染」と米McAfee.comの調査

発表資料へ