PR

 ドイツSAP AGと米Palmが米国時間6月13日に,モバイル向けe-businessソリューションの技術提供に関して世界的提携を結んだと発表した。SAP社の電子商取引向けプラットフォーム「mySAP.com」のe-businessアプリケーションをPalm搭載機で利用できるようにする。

 両社はPalm対応e-businessソリューションの企業向け販売で協力体制を敷く。またPalm OS向けの包括的モバイル・ソリューションを共同で開発する。

 Palm搭載機ユーザはmySAP.comを介して,企業情報ポータル,CRM(customer relationship management),SCM(supply chain management),ビジネス・インテリジェンスなどのe-businessアプリケーションを利用することができるようになる。

 今回の提携は,フロリダ州オーランドで開催中のSAP社の国際e-business会議「SAPPHIRE」にて発表したもの。Palm社とSAP社は会議の参加者8000人以上に,スケジュール管理とメッセージング・アプリケーション「mySAP Mobile Business」をインストールしたPalm社製PDA「Palm VIIx」を配布している。

◎関連記事
米Palmが米Extended Systemsを買収,企業向けモバイル・ソリューションを拡充
NTTドコモと独SAPがモバイルで提携
SAPが「mySAP.com」の業界別ソリューションにおける強化内容を発表

 電子商取引の技術・市場・産業関連の詳しい情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「電子商取引(EC)」で詳しくご覧頂けます。

 モバイル・インターネットに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「モバイル」で詳しくお読みいただけます。

[www.sap.comに掲載の発表資料]
[www.prnewswire.comに掲載の発表資料]