PR

 米Sun Microsystemsと米VERITAS Softwareが米国時間6月13日に,小企業向けのネットワーク・ストレージ製品ソリューションに関し,提携関係に入ったことを明らかにした。

 Sun社のテープ・ライブラリ「StorEdge L20」およびテープ・オートローダ「StorEdge L9」に,VERITAS社のバックアップ・システム「NetBackup BusinessServer」を組み込む。ストレージ容量は,L20が約2Tバイト,L9が720Gバイト。小企業や大企業の部署内での利用などに向ける。価格は「L20」が2万4900ドル,「L9」が9460ドル。

 NetBackup BusinessServerは,データ・センター向けの集中管理システムで,データのバックアップやリカバリなどの機能を備える。

◎関連記事
米EMCと米Sunの新戦略で激動期を迎えるストレージ市場
米サンがFibre ChannelのSANソリューション,1セント/MバイトのCODも導入
米デルがNAS製品群を拡充、60Gバイトのエントリ・モデルは1399ドル
米コンパックがNAS製品「TaskSmart N-Series Cluster」を発表
米IBMがストレージ製品を拡充、LANとSANのゲートウエイやiSCSI製品など
「SANかNASか」は、付加価値という名の迷惑な論争

発表資料へ