PR

 米IBMが米国時間6月13日に,企業情報ポータル向けソリューションに関してドイツSAP AGの子会社SAP Portalsと提携を結んだことを明らかにした。IBM社のサーバー「WebSphere Portal Server」をベースにポータル・サイトを構築している顧客が,SAP社,米PeopleSoft,英Invensys傘下のBaan,米OracleのOracle Financialsなどの企業向けアプリケーションを利用できるようにする。

 今回の提携のもと,IBM社はSAP社の企業アプリケーション用アクセス管理「SAP Portals iViews」を再販する権利を取得する。一方,SAP Portals社はSAP Portals iViewsのJava 2 Enterprise Edition(J2EE)対応版をIBM社にライセンス供与し,WebSphere Portal Serverに組み込む。

 SAP Portals iViewsは,企業情報ポータルを利用して異なる複数の情報ソースからコンテンツ・データを配信したり検索できるようにするもの。パーソナライゼーションやセキュリティ,シングル・サイン・オンなどの機能を備える。

 WebSphere Portal Serverは企業データやインターネットといった各種のコンテンツ・ソースからアプリケーションや情報を収集し,パーソナル化したポータル・サイトに組み込むための枠組みを提供する。ナビゲーション,カスタマイゼーション,パーソナライゼーション,情報やアプリケーションのやりとり,普及装置への対応,関連コンテンツへのアクセス,関連検索やカテゴリへの統合,ユーザとグループ管理といった機能が利用できる。

 SAP社,Baan社,PeopleSoft社,Oracle Financials社などの企業向けアプリケーションに対応したWebSphere Portal ServerとSAP Portals iViewsは,2001年第4四半期に利用可能にする。

◎関連記事
米IBMが企業情報ポータル構築サービス「Corporate Portal Offering」を発表
独SAPと米Yahoo!が企業情報ポータル向けソリューションで提携
独SAPが企業ポータル・ソフト会社の米TopTier Softwareを4億ドルで買収


企業情報ポータル向けソフト市場は2003年に19億ドル規模,2000年の4倍に
社内外の情報の活用を図る企業ポータル・サイトをいますぐ構築を!

[発表資料へ]