PR

 アジア,オセアニアの8カ国/地域のPKI技術関連企業/団体が6月13日に,国際業界団体「Asia PKI Forum」を結成した。同Forumが6月14日に発表したもの。

 会長(Chairperson)に,日立製作所会長で「アジアPKIフォーラム推進協議会」会長を務める金井務氏が就任した。

 8カ国/地域は,オーストラリア,中国,香港,日本,韓国,マレーシア,シンガポール,台湾。副会長にKorea PKI ForumのY.T.Lee氏とPKI Forum Singapore People's Republic of ChinaのLucas Chow氏が就いた。今後他の国・地域にも参加を呼びかけていく。また,米国や欧州のPKI団体とも相互運用性などで協力体制を敷く。

 Asia PKI Forumは,電子政府や電子商取引に必要な電子認証システムを,アジア地域全体に導入促進,相互運用できるようにすることを目指す。具体的には,以下の3点を活動の柱とする。

・定期カンファレンスや作業部会を通じて,意見交換や情報交換を行う。技術的な問題や法的な問題への取り組み,特定の課題についての調査や実験の実施など。

・技術開発のプロジェクト管理,法的な問題解決で各国政府機関への協力要請など。

・国境を超えた電子商取引で,真にシームレスでボーダレスな環境実現を目指し,諸問題の解決にあたる。

 なおアジアPKIフォーラム推進協議会は,日立製作所,NEC,富士通,トヨタ自動車,三井物産の5社が中心となって,電子認証システムのアジア地域への普及を目指すとして2000年12月に発足した。推進協議会が各国へ呼びかけ,今回「Asia PKI Forum」が発足した。

◎関連記事
アジア地域の電子認証システムの枠組み作りがスタート
「PKI市場は年率61%で成長し,2004年には30億ドル規模へ」,米IDC調べ
腕自慢来たれ! 米RSAが暗号解読コンテスト,賞金は最高20万ドル
米RSAがPKI向け「Keon VPN Client」を発表

[発表資料へ]