PR

 NECの米国法人NEC USAが米国時間6月18日に,セキュリティ製品およびサービス事業を手掛けるPermeo Technologies社を分離・独立させることを明らかにした。

 Permeo社はファイアウォールの標準プロトコル「SOCKS」を開発した会社である。Permeo社はテキサス州ダラスに拠点を置き,引き続き企業向けセキュリティ製品とサービスの提供を行う。同社の製品にはインターネット向けセキュリティ・ソフトウエア「e-Border」などがある。

 e-Borderは「Dynamic Port Management」と呼ぶ技術をベースにしており,ストリーミング・メディア,VoIP,インスタント・メッセージング,WWWコンファレンスといった機能を安全に利用できるようにするもの。

 「Permeo社の分離・独立は,電子商取引分野における事業育成と発展を図るNECの戦略の一環である」(NEC USA社社長のMasakatsu Miwa氏)。

◎関連記事
NECがSE子会社を再編,狙いは首都圏への人材集中と製品開発の強化
【事例】分社制度対応の人事システム 役員自らが戦略立案可能に

 セキュリティに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「セキュリティ」で詳しくお読みいただけます。

 インターネット関連の技術に関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「INET新技術」で詳しくご覧頂けます。

 電子商取引の技術・市場・産業関連の詳しい情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「電子商取引(EC)」で詳しくご覧頂けます。

[発表資料へ]