米Strategy Analyticsが米国時間6月19日に,無線向けコンテンツ,広帯域エンターテインメント,テレマティックス(車載無線データ通信システム)業界に関する調査結果を発表した。三つの業界は今後5年間に年平均26%で成長し,2兆ドルの売り上げを生み出すという。

 サービス収入は2001年の1600億ドルから2005年には4010億ドルに拡大する。この期間の年平均成長率は39%である。

 機器からの収入は2001年の1280億ドルから2005年には1880億ドルに増加。成長速度はサービス収入のそれより遅く,年平均成長率は10%となる。

◎関連記事
「企業は2004年までに三つの無線ネットワークに対応すべき」と米ガートナー
「2006年にはモバイル端末の48%が無線対応に」,米ARC Groupの調査
マルチメディア・データのモバイル機への無線配信は時期尚早,焦るべきでない
2007年に米国人の約60%がモバイル・データを利用へ
2000年のモバイル機器市場は前年比36%増,無線データ通信により爆発的成長へ
「欧州テレマティックス機器市場は2006年に25億ドル規模に」と米社が予測
2005年の車載情報システム市場は80億ドル超規模に---ABIの調査

 CATV,衛星インターネット,移動・無線通信,など高速インターネット・アクセスに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「高速インターネット」で詳しくお読みいただけます。

 モバイル・インターネットに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「モバイル」で詳しくお読みいただけます。

[発表資料へ]