PR

 米Oracleが米国時間6月21日に,Oracle9i DatabaseのLinux対応版「Oracle9i Database on Linux」のダウンロードが提供開始から1週間で7000件を超えたことを明らかにした。Oracle社は6月14日(米国時間)に,Oracle9i Databaseの出荷を始めている。

 「Oracle9i Database on Linux」は開発者向けに提供している。Oracle社の技術情報サイト「Oracle Technology Network」から無償でダウンロードできる(要会員登録)。

 Oracle9i Databaseには400以上の新機能を追加しており,クラスタ技術や管理機能,ビジネス・インテリジェンス(BI)機能などを組み込みんだ。クラスタ技術「Oracle9i Real Application Clusters」は,アプリケーションやデータに変更を加えることなくクラスタ・システムを拡張可能とする。E-Business Suiteや米PeopleSoft,ドイツSAP,米Siebel Systemsなどのパッケージ・ソフトウエアを,クラスタ構成した複数のコンピュータ上で走らせることができる。

◎関連記事
米オラクルが「Oracle9i」の一般向け出荷を開始
解説●実体が明らかになったOracle9i
【解説】Oracle9i
米Oracleが「Oracle9i」向けバックアップ機能「Oracle Data Guard」をリリース
Oracle,Oracle9iにビジネス・インテリジェンス機能を組み込みへ

発表資料へ