PR

 米Maxtorが米国時間6月21日に,追加の従業員削減計画を明らかにした。米Quantumのハード・ディスク装置部門Quantum HDD社買収にともなうデスクトップ・パソコン向けハード・ディスク装置事業の経費削減を図るためとしている。

 Maxtor社はQuantum HDD社買収を発表した際に,「合併後の新会社は,今後1年半から2年のあいだにリソースの統合や重複投資の見直し,年間1億2000万ドル~2億ドルのコスト削減を図る」ことを明らかにしていた。

 Maxtor社は今後半年間で米国内の社員700人~800人を追加削減する。また,シンガポールの製造工場の約700人を即時解雇する。

 「第2四半期は,ハード・ディスク装置事業の業績が予測を下回っている。今後もパソコン市場の低迷が続き,年内の見通しは制限されたものとなる。Quantum HDD社買収に伴う経費削減を進め,製造人員と需要のバランスをとるために,今回の処置は必要なステップだと考えている」(Maxtor社社長兼CEOのMike Cannon氏)。

◎関連記事
米Maxtorが100Gバイトのハード・ディスク装置を発表
世界最大のHDD会社が誕生,米Maxtorの米Quantum HDDの買収を完了
MaxtorがQuantumのハード・ディスク部門を約23億ドルで買収
HDD業界は2年連続のマイナス成長から復活へ
「HDD業界はパソコンから民生用電子機器市場に軸足を移す」,米In-Statの調査
“脱パソコン"進めるHDDベンダー,米クアンタムが家電メーカーに秋波

[発表資料へ]