PR

 米Microsoftが米国時間6月27日に,プログラム言語「C#」と「CLI(common language infrastructure)」のソース・コードをカナダのCorelに提供することを明らかにした。Microsoft社の「Shared Source」戦略の一環である。

 Shared Sourceとは,ソフトウエアの知的所有権を保護しながら,パートナ企業に対してだけソース・コードへのアクセスを認めるというもの。Microsoft社は5月3日に,オープンソースのビジネス・モデルについて否定的な立場を鮮明にするとともに,shared sourceの概念を明らかにした

 なおMicrosoft社は2000年10月に,Corel社に対して1億3500万ドルを出資している。

 両社が共同で行う「C#」と「CLI」のインプリメンテーションは,学術,研究,デバッグ,学習といった分野に向ける。FreeBSDとWindows環境に対応させる。Microsoft社のライセンシングの枠組み「Shared Source」に従って,ソース・コードを提供する。

 「XMLベースのWebサービスを取り入れる企業や業界が増加しているが,このインプリメンテーションによって,開発者はXMLベースのWebサービスにおける相互操作性を高めることができる」(Microsoft社)としている。

 なお,Microsoft社は2000年10月に,C#とCLIを欧州電子計算機工業会(ECMA:European Computer Manufacturers' Association)へ提出している。

◎関連記事
米マイクロソフト,「オープンソースは“破綻”のモデル」
Linux団体,米マイクロソフトの「オープンソースは破綻のモデル」発言に猛反発
【アナリストの眼】米マイクロソフトの戦略転換,Windowsのソース・コード提供がもたらすもの
米マイクロソフト,次期Windows CEのソースを米インテルやNECなどに公開へ
【TechWeb特約】「最大のライバルはLinux」,米マイクロソフトのバルマー社長兼CEO
【TechWeb特約】米マイクロソフトのバルマー氏,「米IBMが10億ドルを投じようと,Linuxに覇権はありえない」
Microsoftが「JUMP to .NET」を発表,Java開発者の.NET移行を図る
Microsoftが「Visual Studio.NET」「.NET Framework」のベータ第1版を公開
Microsoftが「.NET」向けプログラミング言語「C#」の概要を発表
加コーレルが再建計画,Linux部門の一部をスピンオフ,今年後半の黒字目指す
米MicrosoftがカナダCorelと提携,1億3500万ドルを出資

[発表資料へ]