PR

 ドイツSAP AGの子会社SAP Portalsと英Invensys傘下のオランダBaanが現地時間7月3日に提携関係に入ったことを明らかにした。

 Baan社の顧客が,「iBaan Portal」にさまざまな異なるアプリケーションを組み込めるようにする。iBaan Portalは,Baan社が「iBaan」ファミリと名づけるWWWコラボレーション・ソリューションの一つ。企業向けにパーソナル化した情報ポータル・サイトである。エンド・ユーザーは「Internet Explorer」や「Netscape」などの標準的なブラウザからアクセスできる。アプリケーションやフォルダの種類にかかわらず必要な企業情報にアクセスが可能である。

 今回の提携のもと,両社はSAP Portals社の技術をiBaan Portalのソリューションに組み込む。契約にはこのほか,Baan社がSAP Portals社の顧問委員に加わることも盛り込んでいる。

 SAP Portals社はSAP社が2001年4月にその設立を発表した会社である。企業情報ポータル構築と情報ソリューションを手がける。米Yahoo!社と協力し,アプリケーションやサービス,パーソナル化したコンテンツを組み合わせた企業ポータル向けプラットフォームを顧客に提供している

 電子商取引の技術・市場・産業関連の詳しい情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「電子商取引(EC)」で詳しくご覧頂けます。

 ERP,SFA,CRM,HRM,SCMなど企業情報システムに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「CRM&ERP」で詳しくお読みいただけます。

◎関連記事
独SAPと米Yahoo!が企業情報ポータル向けソリューションで提携
IBMがSAPとの提携関係を拡張,クロスライセンスやmySAP.comのサポート強化など
BaanがWWWベースの「iBaan」ファミリ製品を発表
Baanが10四半期ぶりに黒字転換,営業力強化やコスト削減などが奏功
InvensysがBaanの買収完了へ,72%の経営権を取得

[発表資料へ]