PR

 英British Telecom(BT)のモバイル・インターネット事業GenieとフィンランドのNokiaがフィンランド時間7月4日に,モバイル・ゲーム配信に関して提携を結んだことを明らかにした。

 Nokia社がGenie社の無線ポータル・サイトのユーザー向けにモバイル・ゲームを提供する。ゲームの第1弾は2001年第3四半期に利用可能になる。

 Genie社は,Nokia社のサービス「Mobile Entertainment Service」を介してモバイル・ゲームを配信する。Mobile Entertainment Serviceではモバイル・ゲームのほか,ゲーム開発者向けツールやサポート,サーバー・ホスティング,ゲーム・アプリケーションを動かすためのプラットフォームなどを提供している。WAPブラウザとSMSに対応したモノクロ・ディスプレイの携帯電話機で利用できる。将来はJava対応携帯電話でも利用可能にする。

 Nokia社のエンターテインメント・サービスは,英Rage,アイドス・インタラクティブ,米Activision,iomo社,英Kuju Entertainment,Morpheme社社,h2g2社,Net Entertainment社,英Oxford Softworks,Quiz Supplies社などのゲームを揃えている。

 「英国では,29%のモバイル・ユーザーが携帯電話機でゲームを行っている(ICM社の調査)」(Genie社社長のKent Thexton氏)という。

 モバイル・インターネットに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「モバイル」で詳しくお読みいただけます。

◎関連記事
モバイル・ゲーム標準化で大同団結,モトローラ,エリクソン,ノキアなど新団体
「やっぱりゲーム」,エリクソン,モトローラなどがモバイル・ゲーム標準化で提携
PacketVideo,ワイヤレス・ゲームとその配信技術の開発で欧州の有力ゲーム・プロバイダ4社と提携
ノキアやAOL,Vodafoneなど,モバイル向けXHTML対応サービスを世界規模で推進
ACCESSがモバイル端末用ブラウザの新版。コンテンツ記述言語の違いを吸収
NokiaとSASがWAP対応の企業向けアプリケーションで提携
「ネット対応携帯電話は2002年前半に台数でPCを上回る」,ノキアが経営戦略
NokiaがライセンシにWAPブラウザのソース・コードを提供

[発表資料へ]